カードローンとキャッシングの違い

キャッシングサービスってローンとは違うの?

キャッシングサービスというと、お金を借りるというのはわかっても具体的にどのようなものなのかわかりづらいですよね。
そこで今回は簡単にローンと比較しながらキャッシングの特徴について紹介したいともいます。

 

協賛:お金を借りる

 

■キャッシングとローンの違い

 

キャッシングという言葉は様々な使われ方をしますが、一般的に小口の融資という意味合いで使われます。
数十万から百万程度の融資をキャッシングといい、大口の融資はローンと呼ばれることが多いです。

 

またローンは基本的に使用目的が決まっていて、融資されたお金はそれ以外のことに使うことはできません。
たとえば住宅ローンであれば自宅を買うための融資ですし、自動車ローンであれば自動車を買うための融資になります。
ローンには他にも学費のための教育ローンや、結婚資金のためのブライダルローンなどもあり、様々な融資に対応したローンが用意されています。
逆にキャッシングというのは使用目的が制限されていません。審査に通って借りたお金であれば、生活費に使おうが交際費に使おうが自由となっています。

 

■担保も保証人も不要なキャッシング

 

お金を貸すということは、返してもらえないというリスクが存在することになります。
リスクを軽減するために金利を高めに設定することもありますが、ローンの場合には他にも担保が求められます。
住宅ローンであれば自宅や土地が担保となり、もし返済が滞るようなことがあればそれを売却して返済に回すことになります。
また担保だけではなく保証人も求められ、本人が返済できない場合は保証人が返済を求められることになります。
これに対してキャッシングの場合には、担保も保証人も不要となっていますので、ローンよりも利用しやすくなっています。

 

■限度額まで自由に借りられるキャッシング

 

ローンは必要な金額をまとめて借りるのが一般的ですが、キャッシングは限度額が設定され限度額の範囲であれば自由に借りることができます。
リボルビング払いという方法が用意されていることが多く、毎月、最低限の返済さえ行っていれば、何度でも借りられるのでとても便利です。
その反面、きちんと返済計画を立てないと、いつまでたっても返済が終わらないというリスクもありますので注意が必要です。
ローンと比べるとキャッシングは金利が高めに設定されていますので、どれぐらい借りてどうやって返済していくかを自分できちんと決めることが大切です。

 

 

参考:消費者金融等について(金融庁HP)